なめたらいかんぜよ!タコの毒吐きブログ

還暦を迎えるにあたり、これまでの腹膨るる思いをぶちまけます ご意見無用

大自然のなかで

55歳になる年の春、初めてひとりで、ワイオミング州にあるグランドティトン国立公園内のリゾートで、泊まりこみで夏の仕事をした

ロッジにあるギフトショップの店員として働いた

ちょっともめごともあったけど、ほぼすべてが楽しかった

 

何よりもよかったのは、大自然のなかで、ひとり、誰にも気兼ねすることなく、毎日行動できたことだ

限られた期間とはいえ、自分が働いた収入で、自分の暮らしを賄い、やりたいように、行きたい場所へ行く

車の保険代などは、オットが払ってくれていたから、100%とは言えないけれど、それでも、これまでの人生のどのステージよりも、お金も時間も考えも自由だった

 

自分で考えて、自分でやりたいことを決めることができ、自分の決めたように行動できる

ものすごい解放感だった

 

大自然が見せてくれるさまざまな場面は、いろいろなことを私に教えてくれ、いろんな感情を私にもたらした

 

空いっぱいに広がる、息をのむような美しい夕焼雲は、「絵のように美しい」のではなく、「絵画」がその大自然の美しさを、絵具と筆で再現しようとしただけ、と初めて実感した

 

車を運転していても、ラジオやCDを聞くことはめったになかった

その代わりに、窓を開けて、風の音、木々が揺れる音、鳥のさえずりを聞いた

 

鹿、エルク、ヘラジカ、そしてキツネや熊

出会うたびに、子供のようにワクワクし、驚かさないように息をひそめて、じっと見入った

小鹿や子熊など、子供が親に甘える様子、親が子供を気遣う様子を見ると、涙が出そうになった

これが、小さな頃、私がママにしたかったこと、ママからしてもらいたかったことだ、とわかった

 

大自然のなかにいると、私の心が少しずつ、だが、確実に癒されてゆく

 

気がつくと、ハイキングトレイルをひとりで歩きながら、私は小さな子供の自分に話しかけていた

 

「ほら、あそこに鹿さんがいるよ!」

「あ、ほんとだ、マミー!かわいいねぇ」

 

小さな私が、ニコニコしながら私に返事をした

うれしかった

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘラ吐き出しへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村