なめたらいかんぜよ!タコの毒吐きブログ

還暦を迎えるにあたり、これまでの腹膨るる思いをぶちまけます ご意見無用

疲れたから、お酒を飲もう

生まれてから60年、母とは心のつながりが持てなかったけれど、父からはずっと精神的・心理的に虐待されてきたけれど、祖母にはほんとうには優しくできなかったけれど

 

それでも、非行に走ることなく、髪を染めることなく、薬物に手を出すこともなく、売春をすることもなく

義務教育を終え、都立高校を卒業し、私立の女子大へ行き、一部上場企業で15年間働いた

高校からOL時代までは、むしろ優等生だった

 

OLだった最後の数年は、躁鬱病で閉鎖病棟での入退院を繰り返した母を見舞い、急死する前、寛解時には、数か月一緒に暮らした

 

母が亡くなり、会社を辞め、ハワイへ語学留学し、専門学校に通い、そこで今のオットに出会い、アメリカ本土へ引っ越した

 

機能不全家庭で育っていなければ、多分オットとは結婚しなかっただろう

優しい人だが、日常の暮らしぶりの違いが大きすぎて、私が振り回される

20年以上一緒にいるのに、いまだに対処できない

 

子供の頃から、今に至るまで、いつも無意識に心も身体も緊張している

だから、今もリラックスする、という感覚がよくわからない

 

自分ではない、何か「もっとよい人間」になろうと、見られようとしていた

 

自己中心的で、冷酷で、批判的で、外面がいい

 

それでも、自分なりに、よかれと思ったことを、これまでやってきた

情緒不安定で、常に罪悪感や焦燥感がつきまとい、何をしても本当には楽しめなかったけれど、それにも関わらず、振り返ればいろんなところで、いろんなことをやってきた

私の人生、それでもう十分なのかもしれない

 

自己啓発の本も山のように読んだ

高いお金を出していろんなセラピーに言ったり、講座を受けたり

心療内科やカウンセリングに行ったり、スピリチャルに頼ったり

ペルーに伝わる魂を浄化するセレモニーに参加したり

超高額の心理学講座以外は、いろいろ試してきた

 

どれも中途半端なまま

 

母の病状が薬で上がったり下がったりするのを目の当たりにしたこともあって、精神科の薬は信じていない

 

結局は、無条件に愛してくれるのは、母親だけなんだと思う

大人になってからでは、しかも60年も生きてきた後では、誰も私の心の底に疼く痛みをわかってはくれない

私だって、たとえ友達でも、その人の気持ちをすべて理解するなんて無理なんだから、それは当然のことだと思う

 

やっぱり、自分の気持ちをわかってあげられるのは、自分しかいない、ってことか

 

こんなことの繰り返し もう疲れた

 

でも、自殺はできない

なら、お酒を飲もう

 

 

 

消極的な自殺

「消えたい」と思うことはあっても、「自殺したい」と思ったことはない

 

そんな勇気はない

 

万一、自殺することがあるなら、雪山で睡眠薬を飲んで、眠ったまま死ぬ、しかないと思っていた

それだって、やるとなったら準備が面倒だし、いろいろやっているうちに面倒だし、怖いしで、決行できない気がする

 

私はタバコは吸わない

大学生の頃、カッコつけるために、一年くらいふかしていたことはあるけど、「美味しい」思ったことはないし、胸まで吸い込んだこともない

 

薬物もやらない

ここならマリファナも合法だけど、吸いたいと思わない

競馬も競輪、博打など、賭け事も一切しない

パチンコもしない

ホストクラブは、行ったこともない

整形もしない

ブランド品を買いあさることもしない

借金もない

 

世間でいう「悪いコト」「散財すること」に、興味がない

 

唯一するのは、お酒を飲むこと

それだって、若い頃みたいに二日酔いになるほどは、飲みたくないし、飲めない

でも、不安になると、鬱になると、お酒の量が増える

酔うことで、気持ちがリラックスして、嫌なことを考えなくてすむ気がして、飲む

助けを求める感じで、飲む

 

こうして、毎日、量の多少はあれどお酒を飲み続けることが

私にとって「消極的な自殺行為」なのかもしれない

できれば、苦しまずに死にたい

 

 

 

 

ありもしないもの

物心ついた時から、心に淋しさを抱えていた

今も抱えている

 

幸せそうではない母

一緒にいてくれない母

私を理解してくれない母

私に寄り添ってくれない母

 

母と祖母の間にある確執

 

父と母の不仲

 

父の言葉の暴力

 

家庭の中で日常茶飯事だった

嫌なこと

悲しいこと

腹立たしいこと

が起こる度

 

こんなはずじゃない

 

と心の中で突っぱねてきた

 

「親を反面教師にしてね」と母から言われ

家庭で起こっていることを否定し

そうじゃないものを探し続けた

 

その結果

私は、ありもしないものを探していたんじゃないか

 

 

ざわざわ感

昨日は、オットの腹違いの姉兄とその子供たち、姉兄の母親と2時間ほど一緒に過ごしました

夏休みの観光で、週末の間、近くに滞在しています

 

今は観光名所になっている、昔、富豪が住んでいた大きなお屋敷の見学です

 

矢印に沿って、そこここにある掲示板の情報を見ながら、自分たちで館内を巡り、その後は、庭からポートランドの街並みとマウントフッドを眺めて、写真を撮りました

 

義兄に会うのは、1年振り

義姉と彼女の娘たちは、ほぼ10年振り

ふたりの母上は、初対面

 

特に、気を使ったつもりはないのですが、やはり疲れました

皆、それぞれ、自分の好きなように動き、話していて、私もそうしていたつもりですが

なんだかやっぱり馴染めない感があります

まぁ、めったに会わない、実のところはよく知らない親戚なんだから、当然かもしれませんが

 

次のスポットへ行く彼らと別れて、家に戻って、お昼にハードサイダーを飲んだら、その後、うたた寝してしまった

 

人と会うと、その後、大抵、心がざわざわする

「わたし」がどこにいるのかわからない感覚

 

今日は、オットも含めて、皆で外で晩ご飯を食べることになっていて

また「わたし」を見失ってしまうんだろうか

 

 

 

 

 

 

また落ちている

しばらく更新していなかったブログに★がついた

うれしかった

 

4月の終わりごろから、鬱気味

去年も3月から8月まで、気持ちが落ちていた

 

父が9月に亡くなり、それやこれやで、気持ちが上がり始め

かなりよくなってきたと思っていたので、また落ちたことに、がっかりした

うんざりした

まただ

この嫌な気分

 

この嫌な落ち込みに引きずり込まれると

いつも必ず、こうなるのは子供時代が辛かったせいだ

と思う

 

 

気になっていること

ここ数日、気になっていることがある

先日書いた、このブログの内容なんだけれど

 

rainorshine.hatenadiary.com

 

毎日コメントを残していたこの方、数日前からパッタリと訪問が途絶えた

コメントはもちろん☆もない

「毎日コメントします」ということだったのに、どうしたんだろう

と気にかかってしまう

 

そういう確率はすごく低いと思うけれど

もしかして、ひょんなことからこのブログを見つけて、上の記事を読んで、気を悪くされたのなら、ごめんなさい

私は、今、「自分の気持ちを出す」練習中なので

 

こういったらあの人はどう思うだろう、とこれまでの人生でさんざん考えて

自分がどう感じるかよりも、人の気持ちを優先してきたので

今は、他人の気持ちよりも自分の気持ちを優先して、大事にして、ふたをしないように少しずつ練習している

意地悪な気持ち、冷たい考えが自分の中にあることを否定しないで、「そうか、そう思ったんだね」と自分のネガティブな感情を認めて、そう思っていてもいいんだよ、と肯定する練習だ

 

きっとこれは私の思い過ごし、考えすぎで、何か別の理由なんだとは思う

 

でも、気にかかるので、ここでお詫びしておきます

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘラ吐き出しへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

好き嫌い

私の友人に好き嫌いを、はっきりと口に出す人がいる

「わたしはチラシ寿司嫌いだから」とか

「○○は、まずいから行かない」とか

「お魚は、△△マーケットじゃなきゃ買わない」とか

「わたしは、パスタソース一から手作りだから」とか

要するに何にしても、こだわりが強く、またそれをハッキリと口に出す

 

最初、そのハッキリした物言いに、驚いた

レストランで、私が選ぼうとしているものに「わたしはそれ好きじゃないから、○○にする」と言われると、ドギマギした

どう返事したものかわからなくて、頭が真っ白になる思いだった

途端に何が食べたいのかわからなくなったり

 

もちろん彼女に悪気はない

ぜんぜんない

ただ、思ったことを思った通りに言っているだけ

 

何が好きで、何が嫌いか、そういう好みがあってはいけないように育った

父にとって蕎麦はうどんより高尚な食べ物で、蕎麦よりうどんが好きだった私は、蕎麦の味のわからない情けない娘だった

「わたしは○○は嫌い」と言った時、その○○が父も嫌いならそれでよし

父が好きなものなら、蔑みの言葉が返ってくる

よいもの、正しいもの、価値があるなしの基準は、すべて父の物差しで決まった

私の物差しは、簡単にへし折られ、何度新しいのを手に入れても、同じことだった

 

もちろん、私は反抗した

口で、態度で、行動で

母は、親を反面教師と思って、と言った

言うのは簡単だ

 

反抗し、そうならないように、ああならないように、自分なりにあるべき姿を模索して、もがいてきたのに、もう50代も半ば過ぎた頃、私の中に父の基準がいつの間にか刷り込まれていることに気づいて、愕然とした

 

自分が、何が好きで何が嫌いなのかが、わからないまま、時にはわかったようなふりをして、なんとかかんとか60年生きてきた

 

今やっと、自分は何が好きなのか、何が嫌いなのか

身の回りの小さなことから、やり始めている

 

好きなことやり、好きなものを選んでいいんだよ、と自分自身に語りかけ

嫌なことはやらなくてもいい、嫌なものを受け取らなくてもいいことを、自分に教えている

 

まずは、小さな一歩から

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘラ吐き出しへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村