なめたらいかんぜよ!タコの毒吐きブログ

還暦を迎えるにあたり、これまでの腹膨るる思いをぶちまけます ご意見無用

消極的な自殺

「消えたい」と思うことはあっても、「自殺したい」と思ったことはない

 

そんな勇気はない

 

万一、自殺することがあるなら、雪山で睡眠薬を飲んで、眠ったまま死ぬ、しかないと思っていた

それだって、やるとなったら準備が面倒だし、いろいろやっているうちに面倒だし、怖いしで、決行できない気がする

 

私はタバコは吸わない

大学生の頃、カッコつけるために、一年くらいふかしていたことはあるけど、「美味しい」思ったことはないし、胸まで吸い込んだこともない

 

薬物もやらない

ここならマリファナも合法だけど、吸いたいと思わない

競馬も競輪、博打など、賭け事も一切しない

パチンコもしない

ホストクラブは、行ったこともない

整形もしない

ブランド品を買いあさることもしない

借金もない

 

世間でいう「悪いコト」「散財すること」に、興味がない

 

唯一するのは、お酒を飲むこと

それだって、若い頃みたいに二日酔いになるほどは、飲みたくないし、飲めない

でも、不安になると、鬱になると、お酒の量が増える

酔うことで、気持ちがリラックスして、嫌なことを考えなくてすむ気がして、飲む

助けを求める感じで、飲む

 

こうして、毎日、量の多少はあれどお酒を飲み続けることが

私にとって「消極的な自殺行為」なのかもしれない

できれば、苦しまずに死にたい