なめたらいかんぜよ!タコの毒吐きブログ

還暦を迎えるにあたり、これまでの腹膨るる思いをぶちまけます ご意見無用

鮨の順番

戦争中に少年時代を過ごし、飛行機乗りになりたいと思い、食べるものも満足にないなか育った父は、食べることが好きだった

戦争中、カボチャばかり食べさせられたから、もうカボチャはいらんと言っていた

長崎、広島、伊丹と引っ越した先々で、お客があると当地の名物やら美味しいものを食べに行った

 

旨いものを食わせる」ことが、父にとっての最大のもてなしであり、愛情表現だったと思う

だが、大金をはたいて、喜ばせたいはずの相手の気持ちには、いっさいおかまいなし、というよりも、人の気持ちというものが、恐ろしいほどにわからない男だった

 

海外在住も長くなった頃、里帰りした時に「鮨を食いに行こう」という父と一緒に、気はすすまないながらも、築地のすしざんまいへ行った

カウンター席に並んで座り、運ばれてきた生ビールのジョッキを前に

「好きなものを頼めよ」と私に言い、父は慣れた様子でネタを板前さんに注文した

カウンターで鮨なんて、めったに行かない私は、どれから注文すればいいか迷いつつ

ちょっと緊張しながら、いくつか頼んだ

話もほとんどせず、注文しながら食べるうち、父が

そんな順番で食うもんじゃない」ときた

「え?どんな順番で食べるのよ?」と聞き返すと

そんなことは、俺に聞くもんじゃないっ

人が食うのをみてりゃわかるだろうっ」と私を叱りつける

 

カチーンと来たし、ムカついた

鮨屋のカウンターに座って、どういう順番でネタを注文するのかなんて、誰も教えてくれたことないし、だいたいそんなにしょっちゅうカウンターで鮨を食べることなんてない!

なんで、こんな嫌みなことを言われながら、この父親と並んで鮨をたべなきゃいけないのか、わからなかった

すでに、鮨の味なんてわからないほど、腹が立っていた

 

こんなこと言われながらご馳走してもらったって、美味しくもなければ、有難くもない

こんなんなら、自分で払って美味しく食べたほうがよっぽどましだ

父のおごりでふたりで鮨を食べに来るのは、これで最後にしようと決めた

 

 

私が怒りに震えるようにして、先に立って店を出ると

いつものように、父は私の機嫌を直そうとしてくる

「コーヒーを飲んでいこう」

私は行きたくなかった、が、言い始めるとこの男は後へは引きさがらない

下手をすると、公衆の面前で大声で叫びだしかねない人間だ

そんなのに巻き込まれたくない

氷のように固い表情のまま、ほとんど何も話さず、コーヒーを飲み、別れた

 

喫茶店で黙りこくった私に向かって、父は言った

「お前と俺は、ほんとうに合わないな」

 

合うわけがないと思った

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘラ吐き出しへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村