なめたらいかんぜよ!タコの毒吐きブログ

還暦を迎えるにあたり、これまでの腹膨るる思いをぶちまけます ご意見無用

根無し草

ずっと自分のことを「根無し草」だと感じていた

 

母とも父とも心のつながりが感じられず

近くにいてくれる祖母になつくと母を裏切るようで、ほんとうにはなつけなかった

妹が生まれても、10歳も年下だから、姉妹で遊ぶ、というよりも

私が小さな妹の面倒をみる、第二の母のような気持ちでいた

 

そんな家庭環境なのに、住む場所も3年ごとに変わる

住む家が変わり、自分の部屋も変わる

学校も変わり、先生も変わり、友達も変わる

その土地に、根っこをはやしている暇なんてなかった

仮に、根っこが生え始めたとしても・・・またすぐ引っこ抜かないといけない

 

仲良しの友達といえる同級生ができたのは

中学校2年生になって初めてだった

あのクラスは、あの時の同級生は、私にとっては奇跡のような存在だ

 

その後に引っ越して、半年足らず通った次の中学校はもちろん

都立高校でも、女子大でも仲良しの友達はできなかった

みんなほとんどうわべだけ

今でも連絡を取っている人は、誰もいない

 

会社員になって、15年働いても、会社以外でも仲良くする人は、ほとんどいなかった

 

今こうして、海外に住むようになり、短い帰省中に会いたいと思う人が

私の友達である

 

海外に住むようになり、父親の言動による影響から、物理的にも心理的にも距離を置けるようになって初めて

友達と呼べる人たちに、少しずつ出会うようになった

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘラ吐き出しへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村